公営塾を飛び出たりゅーき!

こんにちは!

10月18日(日)高原の宿ロマンツェで開催されたイベントに

ボランティアとして松穂・久保田と講師のりゅーきで参加してきました!

今日は、公営塾の外でも和気町で活躍する講師の姿を紹介したいと思います。

吉井川流域映画祭チラシ(外部サイト)
吉井川流域映画祭外部サイト

りゅーきの担当は、高校生の引率と和氣◎印商品の物販!

え? なぜりゅーきなのかって?

それは、和氣◎認定商品のひとつ三色小町ハンドクリーム

この商品はりゅーきが和気閑谷高校生だった時

閑谷學という探究学習の時間に、和気町に工場がある桃谷順天館さんと共同開発した商品だからなんです!

高校生たちは、作った卒業生本人から商品の成り立ちや製作にかけた想いなど

しっかりと話を聞いて、お客様への商品紹介に役立ててくれていました。

そのおかげもあって、この日の販売第1号はハンドクリームでした!(*^∀^*)

準備風景1
商品陳列で高校生と相談
準備風景2
いいアイディアが出て拍手!

りゅーきもこの日は公営塾の時とはまた違った「先輩の顔」。

積極的に高校生とコミュニケーションをとり、

和氣◎の他の商品の陳列方法をみんなと一緒に考えてくれるなど

たくさんお手伝いしてくれました。

高校生たち
和氣◎印商品担当の高校生たち
物販風景
久保田はレジ担当でした

卒業しても、こうやって母校の活動に参加していきたいという思いをもって関わり続けてくれる人がいるって

素敵だなあとしみじみ感じた日でした。

ちなみに、校長先生は岡山から自転車で会場まで駆けつけてくださってました。

繰り返します、「自転車で」。

そんなりゅーきや高校生、先生たちの姿を見ながら

母校と自身の関わりについて思いを馳せた久保田でした。

それはさておき笑

りゅーきをはじめボランティアのみなさん、

絶えずとびっきりの笑顔と丁寧な対応、時に英語での接客など

本当にお疲れ様でしたー!

会場
最高のロケーション!
上映風景
日没とともに上映開始