よく使われるキーワード 税金 和文字焼きまつり 移住

新型コロナウイルスワクチン接種について

新型コロナワクチン接種証明書について

新型コロナワクチン接種証明書が12月20日(月)からデジタル化されます。
※マイナンバーカードが無い方は電子版の証明書は利用できませんので、接種証明書を希望する場合は、書面の証明書の申請をしていただくことになります
※日本国内での利用については、接種済証や接種記録書も従来通りご利用いただけます

注意事項

・申請先は、接種券を発行した市町村(通常は住民票のある市町村)です。

※接種後に他市町村へ転入した場合は転出前の市町村に申請が必要です。1回目と2回目で別の市町村の接種券を使用して接種を受けた場合には、それぞれの市町村に申請が必要です。(各市町村ごとに必要な書類が異なりますのでご注意ください)
・年末年始に接種証明書利用をお考えの方はお早めに申請ください。
※マイナンバーカード発行時に設定した4桁の暗証番号を一定回数連続して間違いロックがかかった場合、旅券以外の渡航文書を利用して申請をする場合等、電子交付の対象外になった方は窓口での手続きが必要になります。

 12/29~1/3は閉庁となるため、年末年始に接種証明の利用を考えている方は、お早目の申請をお願いします。

電子版接種証明書(スマートフォンからの申請のみ)

書面による接種証明書(窓口・郵送での申請)

窓口申請で必要な物
※発行には時間を要する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
必要な物 日本国内用 海外用及び日本国内用
本人が申請の場合 本人確認書類(免許証等) 申請書(窓口にあり) パスポート(渡航時に有効なもの) 申請書(窓口にあり)
代理申請の場合 委任者の本人確認書類のコピー(表裏両面) 申請書 委任状 代理人の本人確認書類(免許証等) 委任者のパスポートのコピー(渡航時に有効なもの) 申請書 委任状 代理人の本人確認書類(免許証等)
郵送申請で必要な物
必要な物 日本国内用 海外用及び日本国内用
本人が申請の場合 本人確認書類のコピー(免許証等の表裏両面) 申請書 切手を貼った返信用封筒 パスポートのコピー(渡航時に有効なもの) 申請書 切手を貼った返信用封筒
代理申請の場合 上記の必要書類に加えて委任状 代理人の本人確認書類のコピー(免許証等の表裏両面) 上記の必要書類に加えて委任状 代理人の本人確認書類のコピー(免許証等の表裏両面)
パスポートについての注意事項

※パスポートのコピーは旅券番号、姓・名、国籍、有効期間の記載箇所
※パスポートに旧姓、別性、別名の記載がある方は、それらが確認できる本人確認書類も必要です。
※接種証明書に記載されるパスポート番号と海外渡航に使用するパスポートの番号が一致する必要があります。接種証明書を取得した後にパスポート番号が変わった場合には、接種証明書を改めて取得する必要があります。旅券発給申請中の方は、パスポートが交付された後に接種証明の申請を開始してください。また、外国籍の方等、外国政府の発行する旅券でも申請は可能です。

申請書・委任状の書式

送付先

〒709-0495

岡山県和気郡和気町尺所555

和気町役場健康福祉課

問い合わせ先

和気町新型コロナワクチンコールセンター

0869-93-4568

平日8:30~17:00

新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)について

新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)の実施について、国より今後の方針が示されました。和気町では、国の方針に基づき、計画・準備を進めています。今後、詳細が決まりましたら改めてお知らせします。

対象者・回数

新型コロナワクチンの2回目接種を終了した方のうち、概ね8カ月以上経過した方を対象に、3回目の追加接種を実施予定

※追加接種の対象者は、科学的知見や諸外国の対応状況を踏まえ、今後、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会での審議を経て正式に決定されることとなっていますが、現段階では、令和3年11月末までに2回接種を完了した方全員が対象となる想定で準備を進めています。

開始時期

2回目接種終了から概ね8カ月以上経過後となります。
(3回目接種時期の前月中に接種券を発送する予定です。)

3回目接種のおおよその時期

※令和3年9月22日「第8回新型コロナウイルスワクチンの接種体制確保に係る自治体説明会」(厚生労働省健康局健康課予防接種室)資料から。
現段階での想定のため、今後変更になる可能性もあります。
対象者 2回目接種完了時期 次回接種までの間隔 3回目接種予定時期
医療従事者等 3月~ 概ね8カ月以上経過 12月~
一般の65歳以上の方 6月~ 概ね8カ月以上経過 2月~
一般の64歳以下の方 7月~ 概ね8カ月以上経過 3月~

関連情報リンク

コロナワクチン接種キャンセル待ち登録について

和気町では、ワクチンを無駄にすることなく接種できるように、キャンセル待ちの登録を受け付けます。当日急なキャンセルが発生した場合などに、少しでも早い接種を希望される方は登録をお願いします。

詳細については下記PDF資料をご覧ください。

集団接種の中止と個別接種の予約枠縮小について

7月以降、国からのワクチン供給が大幅に減少となる見通しであるため、今後の予定を一部変更します。なお、7月12日(月)からは、予定どおり全対象者の予約受付を開始します。(※今後、ワクチン供給が増加する見通しとなった際には、集団接種の実施や個別接種の予約枠拡大など、再度、計画を変更するする場合もあります。)

 

集団接種・・・中止

8月、9月に中央公民館、サエスタで予定していた集団接種は中止します。

 <中止となる集団接種>

和気町中央公民館

1:[1回目]8/20(金)[2回目]9/10(金)午後5時~午後8時
2:[1回目]8/21(土)[2回目]9/11(土)午前9時~午後4時30分
3:[1回目]8/22(日)[2回目]9/12(日)
午前9時~午後4時30分

学び館「サエスタ」

1:[1回目]8/27(金)[2回目]9/17(金) 午後5時~午後8時
2:[1回目]8/28(土)[2回目]9/18(土) 午前9時~午後4時30分
3:[1回目]8/29(日)[2回目]9/19(日) 午前9時~午後4時30分

 

個別接種・・・一日あたりの予約枠縮小

 8月中旬以降の町内医療機関の一日あたりの予約枠を現状の50%程度に縮小します。希望するすべての方が予約できるように、長期間の予約枠を設定し予約受付を行いますので、早期の予約がとれない場合がありますが、ご了承ください。

◆岡山県共通予約システム◆

インターネットでの予約は以下をご利用ください。

岡山県共通予約システム

操作手順

65歳未満の方へのご案内

◆基礎疾患を有する方の範囲

 

(1)以下 の病気や状態の方で、通院/入院している方
1.慢性の呼吸器の病気
2.慢性の心臓病(高血圧を含む。)
3.慢性の腎臓病
4.慢性の肝臓病(肝硬変等)
5.インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
6.血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
7.免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
8.ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
9.免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
10.神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
11.染色体異常
12.重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害が重複した状態)
13.睡眠時無呼吸症候群

14.重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

(2)基準(BMI30以上)を満たす肥満の方

◆接種の対象者(ファイザー社のワクチンの場合)

12歳以上の方(接種日の年齢)

【接種が受けられない方】
・明らかに発熱している方
・重い急性疾患にかかっている方
・当該ワクチンの成分に対し重度の過敏症の既往歴のある方
※他の予防接種と同様です。

【接種にあたって注意が必要となる方】
1.抗凝固療法を受けている方、血小板減少症又は凝固障害のある方
2.過去に免疫不全の診断を受けた方、近親者に先天性免疫不全の方がいる方
3.心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障害などの基礎疾患のある方
4.過去に予防接種を受けて、接種後2日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状がでた方
5.過去にけいれんを起こしたことがある方
6.当該ワクチンの成分に対して、アレルギーが起こるおそれがある方
7.腎臓機能障害のある方
8.
肝臓機能障害のある方
9.妊娠中、又は妊娠している可能性のある方、授乳されている方
※上記に該当すると思われる方は、接種前に必ず医師へ伝えてください。
※妊娠中、又は妊娠している可能性のある方、授乳されている方も、接種前に必ず医師へ伝えてください。

◆接種回数

2回の接種が必要です。
ファイザー社のワクチンでは、通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。1回目から3週間を超えた場合には、できるだけ早く2回目の接種を受ける必要があります。

◆接種を受けるための手続き

 次のような方法で接種を受けることになります。
(1)接種の時期が近くなったら、町から「接種券」をお送りします。
(2)ワクチンを受けることができる医療機関を確認してください。
(3) 接種の予約をしてください。※1回目の予約の際に、2回目も併せて予約してください。
(4) 接種を受ける際は、「接種券」と「本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)」を持参して、医療機関で接種を受けてください。

◆接種費用

 全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。

◆ワクチンの有効性

現在承認されているファイザー社のワクチンは、2回の接種によって有効性が95%で、新型コロナウイルス感染症の発症を防ぐ効果が認められています。(参考:インフルエンザ予防接種の有効性は約40~60%)

 

◆ワクチンの安全性(副反応)

どんなワクチンでも副反応が起こる可能性はあります。

 一般的にワクチン接種後には、免疫をつけるための反応を起こすため、副反応が生じる可能性があります。治療を要したり、障害が残るほどの副反応は極めてまれではあるものの、ゼロではありません。(予防接種による健康被害は救済制度の対象です。)

 現在承認されているファイザー社のワクチンの国内治験では、ワクチンを2回接種後に、接種部位の痛みが約80%、37.5℃以上の発熱が約33%、疲労・倦怠感が約60%の方に認められていますが、その症状の多くは2日以内に治まっています。

 急性のアレルギー反応であるアナフィラキシーの発生頻度は、市販後米国で100万人に5人程度と報告されています。日本での接種では、ワクチン接種後15分~30分程度経過を見て、万が一、アナフィラキシーが起きても医療従事者が必要な対応を行います。

 

◆新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応等に係る医療機関調査の結果について

平病院で新型コロナウイルスワクチンを接種した同院職員の副反応調査が岡山大学疫学・衛生学分野修士課程所属で同院医師の中村奈保子氏により実施されました。同院から調査結果資料の提供がありましたので町民の皆さまにお知らせします。今後、ワクチン接種を受ける際の参考としてお役立てください。 

≪参考≫
[岡山大学 疫学・衛生学分野]新型コロナウイルスワクチン接種後副反応調査
http://www.unit-gp.jp/eisei/wp/?p=4923

 [厚生労働省]新型コロナウイルスワクチン接種後の健康状況調査
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_kenkoujoukyoutyousa.html

 

◆接種を受ける際の同意

新型コロナワクチンの接種は、対象となる皆さまに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解したうえで、自らの意志で接種を受けていただくことになっており、受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。なお、16歳未満の場合は、保護者の同意が必要です。職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いします。

新型コロナウイルスワクチン廃棄回避対策方針について

和気町では、次のとおりワクチン廃棄回避対策方針を定めました。

◆住所地外接種

◆相談窓口

○接種のスケジュールや接種医療機関などの問い合わせ・相談
・和気町新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター
電話番号:93-4568
受付時間:8時30分~17時00分(平日のみ)

○接種後の副反応等、新型コロナワクチンに関する専門的な相談
岡山県新型コロナウイルスワクチン専門相談コールセンター
電話番号:0120-701-327(フリーダイヤル)
受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も受付)

○新型コロナウイルスワクチンの施策の在り方等に関する問い合わせ
厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
電話番号:0120-761-770(フリーダイヤル)
受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も受付)

新型コロナウイルスワクチン接種に関する情報について(外部リンク)

※ワクチン接種を受けた後も、マスクの着用など感染予防対策の継続をお願いします。

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

和気町 公式Facebook(外部サイト)
和気町 公式Instagram