よく使われるキーワード 税金 和文字焼きまつり 移住

第1次和気町総合振興計画について

和気町のまちづくりの指針となる「第1次和気町総合振興計画」がスタートしました。
総合振興計画は、和気町が総合的かつ計画的に行政を運営していくため地方自治法により義務付けられている行政運営の最上位計画です。

【計画期間】平成23年から平成32年

町の将来像

 「住んでよかった、ずっと住み続けたい」という郷土を愛する心を持ち続けられるよう、活力に満ち、みんなが元気ではつらつと暮らせるまちを目指します。そして、地域の中で人と人が支え合う協働のまちづくりを推進すると共に、あらゆる人が快適で、安全・安心を実現できる町を創造していきます。

第1次和気町総合振興計画ダウンロードファイル

新町建設計画の変更について

※合併に係る新町建設計画が変更されました。

新町建設計画ってどんな計画ですか?

平成18年3月1日に、旧佐伯町と旧和気町が合併しました。新町建設計画は、合併後のまちづくりの方向性を示す基本計画です。この計画に盛り込まれた事業は、合併特例債などといった、町にとって有利な資金を活用できることになります。

なぜ変更したのですか?

東日本大震災の発生により、平成24年6月に「東日本大震災に伴う合併市町村に係る地方債の特例に関する法律」が施行され、町にとって有利な資金である“合併特例債”の発行期限が5年間延長されました。合併特例債の活用には新町建設計画への登載が条件であるため、計画期間を平成32年度まで延長します。また、計画変更により、学校・園の統廃合など、合併特例債の活用による実施が見込まれる事業を計画へ追加登載します。

財政計画も変更になるのですか?

変更前の新町建設計画は、平成24年2月に策定されており、財政計画は、平成18年度から平成27年度までの新町建設計画期間中の財政見通しを示したもので、新町建設計画に定められた施策についても反映されたものです。 今回の新町建設計画の内容変更に伴い、財政計画についても併せて変更する必要があります。

なぜ町民にお知らせしないといけないのですか?

新町建設計画を変更する場合は、「市町村の合併の特例に関する法律」により、議会の議決とすみやかな公表が義務付けられています。平成27年3月開催の和気町議会第2回定例会において議決されましたので、公表するものです。

〔問い合わせ先:和気町総務部まち経営課TEL:0869-93-1123〕

和気町行財政改革大綱・行財政改革実施計画(集中改革プラン)について

和気町集中改革プランは、平成19年3月策定の和気町行政改革大綱に基づき、平成18年度から平成22年度までの5ヵ年を計画期間として策定し、「1.協働による助け合いのまちづくりのまちづくりの推進」、「2.簡素で効率的な行政の確立」、「3.財政健全化の実現」の3事項を中心に行政サービスの向上を目指して行政改革に取り組んでまいりました。

集中改革プランの実施結果について

今回、計画期間(平成18年度から平成22年度)の終了に伴い、これまでの改革の成果を取りまとめましたので、結果を公表いたします。

国(総務省)では、地方自治体が「魅力ある地方」に生まれ変わるために、地方独自のプロジェクトを自ら考え、前向きに取り組む市町村に対して応援する取り組みがはじまっています。
和気町では、独自に取り組んでいる重点施策の中から、次の事業を応募しました。

応募した事業

和気町一般廃棄物処理基本計画

「和気町一般廃棄物処理基本計画【ごみ処理基本計画】平成27年3月」をアップしました。
〔問い合わせ先:和気町クリーンセンターTEL:0869-92-0809〕

特定健康診査等実施計画

 平成18年の医療制度改革において、平成20年4月より、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した特定健康診査(特定健診)および特定保健指導の実施が、各保険者に義務付けられました。

 本計画は、厚生労働大臣の定める「特定健康診査等基本方針」に即し、6年ごとに、6年を1期(第2期計画までは5年ごと、5年を1期)として、実施目標や具体的な実施内容を定めることとされています。

 和気町では、平成20年3月に「特定健康診査等実施計画(第1期計画)」(平成20年度~平成24年度)、平成25年3月に「第2期特定健康診査等実施計画(第2期計画)」(平成25年度~平成29年度)を策定し、医療費削減につながる効果的な特定健診および特定保健指導の実施に取組んでまいりました。

 平成30年度からスタートする「第3期特定健康診査等実施計画(第3期計画)」では、特に特定健診受診率の低い40代~50代の若年層への受診勧奨と、医療機関に通院している方の健診結果の提供について協力を求めることにより、更なる特定健診の受診率と保健指導の利用率の向上を目指し、実施計画を策定します。

第1期(平成20~24年度)、第2期(平成25~29年度)については以下の資料をご覧ください。

都市再生整備計画事業「和気駅周辺地区」事後評価計画の公表

和気町では、平成20年度から平成24年度の5カ年で都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金事業)により「和気駅周辺地区」の整備に取り組んできました。
都市再生整備計画事業では、事業実施前の計画段階で目標とする指標を設定し、事業完了時に事後評価を行い、指標の達成状況等を事業成果として客観的に検証することになっております。
平成26年1月に「和気駅周辺地区」の事後評価原案を公表した後、まちづくり交付金事後評価委員会でご審議いただき、この度、事後評価がまとまりましたので、ここに公表いたします。

○和気駅周辺地区

【問い合わせ先】
〒709-0495和気町尺所555番地
和気町役場産業建設部都市建設課
電話:0869-93-1127

「和気町まち・ひと・しごと創生総合戦略・和気町人口ビジョン」について

「和気町まち・ひと・しごと創生総合戦略」は、深刻化する人口減少に歯止めをかけるため、人口ビジョンによる分析を踏まえ、平成27年度から平成31年度までの5年間に重点的に取り組むべき施策等をとりまとめたものです。策定にあたり、町民の方をはじめ、産業界、教育機関、金融機関、労働関係機関等の有識者で構成する「和気町まち・ひと・しごと創生有識者会議」を設置して協議を重ねたほか、町民2,000人を対象とした「町民アンケート」の実施及び「パブリックコメント」の募集など、たくさんの方から貴重なご意見をいただきながら進めてまいりました。今後は、この戦略の内容を実行に移しますが、毎年効果を検証し、目標も含めた不断の見直しを行います。

和気町水道ビジョン

和気町公共施設等総合管理計画

和気町地球温暖化対策実行計画

和気町地球温暖化対策実行計画 事務事業編資料編

和気町地球温暖化対策実行計画 事務事業編本編

和気町国民健康保険データヘルス計画

 データヘルス計画とは、和気町国民健康保険に加入されている方の特定健診や医療情報(レセプト)などを分析し、地域の特性に合わせた健康増進事業(保健事業)を効果的かつ効率的に実施するための計画です。

 本計画を基に、PDCA(計画・実施・評価・改善)サイクルに沿った保健事業を実施し、国保に加入されている皆さまの健康増進により一層努めてまいります。

第1期(平成29年度)計画については以下の資料をご覧ください。

お問い合わせ先:和気町役場 住民課 医療保険係 TEL:0869-93-1128

和気町地域公共交通網形成計画

社会資本総合整備計画について

社会資本総合整備計画とは、地方公共団体が活力創出、水の安心と安全などの政策目的を実現するため社会資本総合整備計画を作成し、計画に基づき、基幹的な社会資本整備事業やソフト事業を総合的、一体的に整備するものです。

和気町災害廃棄物処理計画

和気町では、大規模災害等により発生する災害廃棄物の処理について、迅速かつ適正な処理及びリサイクルの推進を図るとともに、町民の生活環境を確保し、速やかに復旧・復興することを目的に「和気町災害廃棄物処理計画」を策定しました。
 

問い合わせ先:生活環境課

和気町橋梁長寿命化計画について

和気町が管理する橋梁は、橋長15m以上が44橋、橋長15m未満が230橋の計274橋あります(令和元年12月現在)。

その多くは高度経済成長期以降に集中的に整備され、今後20年で建設後50年を経過する割合が急速に増加し、老朽化による安全性の低下や補修・架替えなどの維持費が増大することが予測されています。

そこで、限られた予算や人員のなかで、定期点検に基づく早期補修を計画的に行い、効率よく橋梁の長寿命化を図るために、和気町橋梁長寿命化計画を策定いたしました。

問い合わせ先:都市建設課
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

和気町 公式Facebook(外部サイト)
和気町 公式Instagram