よく使われるキーワード 税金 和文字焼きまつり 移住

個人住民税(町県民税)

個人住民税(町県民税)とは?

個人の住民税には、県民税と町民税があり、課税と徴収は町で合わせて行っています。

個人の住民税は、前年中に所得のあった人に課税されるもので、その人の前年1年間の所得に応じて課税される「所得割」と、所得の多少にかかわらず広く均等に一定の税額で課税される「均等割」があります。

納める必要がある方(納税義務者)

前年に所得がある方で、1月1日に住民登録されている市区町村で課税されます。住所がなくても家屋敷や事業所・事務所がある場合、均等割が課税されます。

◆1月2日以降に新住所に引っ越した場合

原則、1月1日に住民登録のあった住所地で課税され、引っ越した先で二重に課税されることはありません。

◆1月2日以降に亡くなられた場合

亡くなられた方が、1月1日現在どこかの市町村に居住し、前年中の所得金額が課税される金額である場合は、その年度の住民税をお納めいただかなくてはなりません。

その納税義務は相続人に継承されます。

相続放棄などの手続きを取られない限りお亡くなりになった方の税金は相続され、相続人に納税していただくことになります。

◆退職された場合

会社にお勤めの場合、住民税は、1年間の税額を毎年6月から翌年5月までの12回に分け、毎月の給料から天引きされます。

会社を退職されると、給料から天引きすることが出来なくなりますので、残りの住民税は、退職の際に、支給される最後の給料や退職金などからまとめて差し引いて納めていただくか、後日ご自宅にお送りする通知書により、納付書を使って納めていただくことになります。

また住民税は、所得があった年に納めるのではなく、その翌年から納める後払い方式です。

毎年1月~12月までの1年間の所得に対して、翌年の6月からの納付になっていますので、退職後、無職になられても、在職中の前年の所得に対する住民税が課税されます。

納付方法・納期限

◆給与特別徴収(給与天引)の方

サラリーマンの方で勤務先を通じて納付する方法で、6月から翌年の5月までの毎月の給与から天引きします。

◆年金特別徴収(年金天引)の方

65歳以上の公的年金受給者の方で年金保険者を通じて納付する方法で、4月、6月、8月、10月、12月、翌年2月の各年金支給月に年金支給額から天引きします。

年金をもらわれている方すべてが対象になるわけではなく、条件があります。詳しくはこちらをご覧ください。

◆普通徴収(納付書・口座振込による納付)の方

個人が直接納付する方法で、6月、8月、10月、翌年の1月の4回で納付します。

特別徴収(給与天引)の推進について(事業主の皆さまへ)

岡山県及び県内全ての市町村は、税負担の公平性を確保するため、個人住民税の特別徴収の普及に取り組んでいます。個人住民税の特別徴収にご理解とご協力をお願いします。

個人住民税(町県民税)の特別徴収の推進について

年金特別徴収制度について

◆年金特別徴収(年金天引)とは

 個人の住民税の納税義務者のうち、前年中に公的年金等を受給され、当該年度の初日(4月1日)に老齢基礎年金等を受給されている65歳以上の方を対象に、前年中の公的年金所得にかかる住民税について、公的年金から天引きさせていただく制度で、平成21年10月から始まりました。

◆年金天引の対象とならない方

・1月1日以降引き続き和気町に住所を有しなくなった方
・和気町の介護保険料が年金から引かれていない方
・老齢基礎年金等の年額が18万円未満の方
・特別徴収される額が老齢基礎年金等の額を超える方

なお、給与や農業など公的年金以外の所得にかかる住民税は、給与天引きまたは普通徴収(納付書または口座振替)の方法で納めていただくこととなっています。

◆年金からの天引例

特別徴収開始年度と2年目以降とでは徴収の方法が若干変わります。

【年金特徴1年目(もし年金に係る税額が18,000円だったら )】

※6月、8月に年税額の4分の1ずつを普通徴収(納付書又は口座振替)します。
※10月、12月、2月の支給分の年金から年税額の6分の1ずつを特別徴収します。

【年金特徴2年目以降(もし年金に係る税額が21,000円だったら】

※4月、6月、8月は、前年度2月に特別徴収された金額と同額をそれぞれ特別徴収します。(仮徴収)
※10月、12月、2月は、年税額から仮徴収分を差し引いた額の3分の1の金額をそれぞれ特別徴収します。(本徴収)

確定申告について

よくあるご質問

問い合わせ先

佐伯庁舎 総務事業課 総務係
電話番号:0869-88-1102
メールアドレス:somufukushi@town.wake.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

和気町 公式Facebook(外部サイト)
和気町 公式Instagram